レゴランドジャパンを追いかけるブログ

lljngomke.exblog.jp

<   2015年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

レゴランドジャパン着工式

2015年4月15日

名古屋市港区の金城ふ頭にて、レゴランドジャパンの着工式が行われました。

「くわ入れ」の代わりに、

土に見立てた約2万個のレゴブロックを地面にまいて、スコップですくっていました。

ようやく動きだした感じがしますね。

b0339987_15564610.jpg

新たに完成予想図が公開されていました。
基本的にアトラクションや配置は前回のイメージを踏襲していますが、
細かく見ると変更箇所もいくつか見られます。
あと以前紹介した「Ghost – The Haunted House –」は、
今回のイメジージに入っていませんでした。
今後は、このイメージ画像で分析していこうと思います。
b0339987_00011422.jpg

■各紙の記事です。


レゴランド・ジャパンが着工式 名古屋、17年春開業めざす(日本経済新聞)


名古屋でレゴランド着工式 2017年前半に開業(中日新聞)


レゴランド着工式 2万個ブロックでくわ入れ(読売新聞)


レゴランド:名古屋港金城ふ頭で着工式 2017年完成(毎日新聞)


国内初「レゴランド」が名古屋に 河村市長は国際化「起爆剤」と期待(東スポWeb)

レゴランド着工式に“レゴしゃちほこ”降臨!(ウオーカープラス)

テーマパーク「レゴランド」着工=17年春開業—名古屋
(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)

レゴランド・ジャパン(名古屋市港区)が着工/17年上期開業へ(日刊建設工業新聞)

■こちらは動画付き記事です。

日本初屋外型レゴランド、17年に開業 名古屋で着工式(朝日新聞)(動画あり)

打倒ディズニー “レゴランド”日本上陸(テレビ東京)(動画あり)

■情報をまとめてみました。

①2017年4〜6月の完成を目指している
②「ミニランド」では、名古屋などの街並みをレゴで再現
その目玉として、レゴブロック約22万5000個を使った、
高さ約2.1メートルの名古屋城を登場させる
③乗り物やショーなど40を超えるアトラクションを予定
④子供たちが「ドライビング・ライセンス」を取得するアトラクションを予定
⑤名古屋市が市有地など約9・3ヘクタールを有償で貸し出し
⑥約320億円を投じて建設する
⑦開園初年度で150万~200万人の来場を見込む
⑧入場料大人1日券6千~7千円を想定している
⑨経済効果は約640億円と見込む
⑩設計は英国のマーリン・エンターテイメンツ社、
同社の創造・開発グループ会社マーリン・マジック・メイキング・チームが担当。
⑪施工を大林組が担当。


[PR]
by legongo758 | 2015-04-17 20:00 | レゴランド | Comments(0)

レゴランド 4月15日に着工


■レゴランド 4月15日に着工 大林組で
マーリン・エンターテイメンツ社(英国)は、
名古屋市港区の金城ふ頭で計画しているテーマパーク
「LEGOLAND JAPAN」(レゴランドジャパン)の建設について、
4月15日にセレモニーを開き、着工することを明らかにした。

工事スケジュールです
b0339987_03384611.jpg

レゴランドジャパン、いよいよ着工です!!
施工はレゴランド準備工事と同じく大林組のようです。
セレモニーはこんな感じになるんでしょうかね。
b0339987_12555441.jpg


[PR]
by legongo758 | 2015-04-13 22:00 | レゴランド | Comments(0)

Driving School(その2)

では名古屋のレゴランドの「Driving School」を見てみましょう。

左側が上からみた図、右がイメージ画像、赤線で囲んであるのが「Driving School」の場所です。
(※左図の色分け、赤=アトラクション、青=遊具、黄=レゴ展示館、だいだい=シアター、
  オレンジ=飲食、ピンク=商業、紫=ゲーム、茶=便所、灰=管理・サービス部門)
b0339987_21321726.jpg

「Driving School」の部分を拡大
画像上が上からみた図、画像下がイメージ画像
(※上図の色分け、赤=アトラクション、ピンク=商業、青=遊具)

上からみた図を見ると右側に教習所のようなコースがあるのが確認できます。これが「Driving School」のコースです。
また左側には周回するだけの簡単なコースが確認できます。これが「Junior Driving School」のコースです。
これら2つのコースの間には赤色の部分があります。
赤色部分はアトラクションです。下のイメージ図では建物になっています。
コースの間にある長方形の建物ですが、おそらくカート用の車庫ではないかと思います。
(2つのコースからはみ出た道が建物に続いているので、そう思いました)
その手前にあるL字形の建物は、交通ルールの講習をする場所だと思います。
またピンク部分も一部確認できます。ピンク=商業ですので、ショップだと思います。
b0339987_22414327.jpg

よく日本の交通児童遊園にゴーカートでありますが、こちらは電動のカートです。

またこの「Driving School」「Junior Driving School」と似たようなのものが
USJのユニバーサル・ワンダーランドにあります。
それが「セサミのビッグ・ドライブ」「エルモのリトル・ドライブ」です。
海外には他の遊園地でも、この手のアトラクションがあります。流行りなんですかね。

海外のレゴランドの「Driving School」には自動車メーカーがスポンサーになっていることが多いので、
名古屋のレゴランドの「Driving School」にもスポンサーが付くんじゃないかと思います。
さてどこになるでしょうかね?やっぱりトヨタ?、それとも三菱?
そんな所も楽しみですね。


[PR]
by legongo758 | 2015-04-03 22:30 | レゴランド | Comments(0)

Driving School

レゴランドには、子供がカートに乗って運転するアトラクションがあります。
このアトラクションは海外のレゴランド全てにあり、定番アトラクションのようです。
ということで名古屋のレゴランドにもできるようです。

こちらはデンマーク・ビルンのアトラクションで「Traffic School」です。
7歳~13歳までが対象です。
トヨタがスポンサーのようです。
b0339987_21323766.jpg

こちらはイギリス・ウィンザーのアトラクションで「Driving School」です。
6歳~13歳までが対象です。
より子供向けの単純なコースの「L-Drivers」というアトラクションもあります。
こちらは3歳~5歳までが対象です。
フィアットがスポンサーのようです。
b0339987_21343613.jpg

運転前に交通ルールの講習を受けます。
b0339987_03272503.jpg

こちらはアメリカ・カリフォルニアのアトラクションで「Driving School」です。
6歳~13歳までが対象です。
より子供向けの単純なコースの「Junior Driving School」というアトラクションもあります。
こちらは3歳~5歳までが対象です。
ボルボがスポンサーのようです。
b0339987_18370541.jpg

こちらはドイツのアトラクションで「Driving School」です。
6歳~13歳までが対象です。
より子供向けの単純なコースの「Junior Driving School」というアトラクションもあります。
こちらは3歳~5歳までが対象です。
ヒュンダイがスポンサーのようです。
b0339987_21342168.jpg

こちらはアメリカ・フロリダのアトラクションで「Driving School」です。
6歳~13歳までが対象です。
より子供向けの単純なコースの「Junior Driving School」というアトラクションもあります。
こちらは3歳~5歳までが対象です。
フォードがスポンサーのようです。
b0339987_21342819.jpg

こちらはマレーシアのアトラクションで「Driving School」です。
6歳~13歳までが対象です。
より子供向けの単純なコースの「Junior Driving School」というアトラクションもあります。
こちらは3歳~5歳までが対象です。
日産がスポンサーのようです。
b0339987_21343301.jpg

運転前に交通ルールの講習を受けます。
b0339987_03273020.jpg

一般の方が撮影した、アメリカ・フロリダの「Driving School」の映像です。
交通ルールの講習や運転している映像です。




[PR]
by legongo758 | 2015-04-03 22:00 | レゴランド | Comments(0)