レゴランドジャパンを追いかけるブログ

lljngomke.exblog.jp

<   2014年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

商業施設(その2)

以前の書き込みで、隣接する商業施設について書きました。
http://lljngomke.exblog.jp/23518403/

本日10月14日に「金城ふ頭開発計画(モノづくり文化交流拠点構想)説明会」があり
GCDSジャパンより商業施設について説明があったようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■2017年春 金城ふ頭に商業施設誕生へ
http://www.tv-aichi.co.jp/news/2014/10/2017-1.html

テーマは「ものづくり」
ショッピングや飲食が楽しめるほかに、
ものづくりを体験し、モノづくりの伝統に触れることができるエンターテインメント施設を目指す。
GCDS社は「今はインターネットで何でも済ませる時代だが、実際に触れたり、体験する形で
ものづくりの楽しさを伝えたい」と、意気込みを語りました。
この商業施設は2017年春開業予定。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やはりレゴランドと同時期開業予定ですね。
モノづくり文化交流拠点構想のエリアということで、モノづくりがテーマのようですが、
具体的にどんなものが入るのか、次の情報を待ちたいと思います。

今回、説明のあった商業施設は⑤の位置です。

工事が始まりだした所もあります。
①レゴランド(現在は駐車場)の代わりとして⑩の仮設駐車場の工事が始まっています。
⑧に立体駐車場を建設する為、現在ある家具店(ファニチャードーム)を⑨に新築移転する工事も始まりました。
 新築された家具店(ファニチャードーム)は2015年に移転オープンだそうです。
【名古屋新本店】新店舗建設工事に伴う出入口変更のお知らせ


b0339987_21154898.jpg

新たに建設されるファニチャードームの新店舗イメージ
その奥の白い建物は立体駐車場(デザインもまだわからないので仮イメージ)
金城ふ頭駅のデッキと立体駐車場のデッキをつなぐデッキが(イメージだと左端部分)にできるかもしれません。
(このイメージには描かれていないよに見えますが)
b0339987_22332846.jpg
<(仮称)ファニチャードーム名古屋新本店>

件名:(仮称)ファニチャードーム名古屋新本店
地名地番:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-7-1
用途:物品販売店舗(家具店)
構造:鉄骨造
高さ:19.84m
階数:地上3階、地下0階
棟数:1棟
敷地面積:23,508.33(m2)
建築面積:11,295.31(m2)
延床面積:23,323.21(m2)
建築主:安井家具株式会社
着工:2014/09/20頃
完成:2015/05/31予定


[PR]
by legongo758 | 2014-10-14 22:00 | レゴランド | Comments(0)

Ghost – The Haunted House –(その2)

※2015年4月15日追記

4月15日、レゴランド建設予定地にてレゴランドジャパン着工式が行われました。

この日、新たなイメージ画像が公表されましたが、「Ghost – The Haunted House –」は
イメージ画像に入っていませんでした。敷地が足りなかったのかなぁ。
「Ghost – The Haunted House –」は作られない可能性が高いと思います。

前回の記事で、ビルンの「Ghost – The Haunted House –」を紹介しました。
実物はレゴランドジャパンのイメージと比べても大きそうに見えます。
アトラクションの最後の方に落下する装置がありますので、実際の建物は奥行きがあります。
レゴランドジャパンの「Ghost – The Haunted House –」は敷地面積足りるのか?という疑問が湧いてきました。
b0339987_23575796.jpg

レゴランドジャパンの平面図からおおよその大きさを調べてみます。
20mx25mくらいありそうです。
b0339987_00483196.jpg

「Ghost – The Haunted House –」はイギリス・ウィンザーにも2015年3月に作られる予定でしたが、
許可がおりなかったというような記事を目にしました。
そのウィンザーに出来る予定だった「Ghost – The Haunted House –」の図面です。
b0339987_22330367.jpg

b0339987_22330353.jpg

平面図です
寸法は、横20.8mx縦24.5mくらいです。
レゴランドジャパンの平面図でみた寸法に近いので、建物に関しては問題なさそう。
b0339987_22330371.jpg

ビルンの「Ghost – The Haunted House –」は建物前に入場列をつくるスペースがあります。
b0339987_15225368.jpg

レゴランドジャパンのイメージでは、建物の前に列を作るのは難しそう。
近くに他のアトラクションもあります。
建物裏側に回り込む道が描かれているので、こちらで列を作るのかもしれませんね。
b0339987_15383403.jpg
「Ghost – The Haunted House –」は製品の評価も高いようですし、館内のレゴモデルも豊富で楽しそうなので、
ぜひ実現して欲しいですね。

中はこんな感じみたいですよ。



[PR]
by legongo758 | 2014-10-12 22:00 | レゴランド | Comments(0)

Ghost – The Haunted House –

※2015年4月15日追記
4月15日、レゴランド建設予定地にて、レゴランドジャパン着工式が行われました。
この日、新たなイメージ画像が公表されましたが、「Ghost – The Haunted House –」は
イメージ画像に入っていませんでした。敷地が足りなかったのかなぁ。
「Ghost – The Haunted House –」は作られない可能性が高いと思います。

レゴブロックには「モンスターファイター」というシリーズがあります。
その中の製品で「ホーンテッドハウス 10228」というのがあります。
この製品を購入した方々のブログを見ると、なかなか評判良いようです。amazonでも高評価。
b0339987_22393500.jpg

中心から左右に開いて中まで楽しめる構造です。
b0339987_22502533.jpg

ホーンテッドハウスをアトラクション化したのが「Ghost – The Haunted House –」です。
左側が上からみた図、右がイメージ画像、赤線で囲んであるのが「Ghost – The Haunted House –」の場所です。
b0339987_15090368.jpg

「Ghost – The Haunted House –」の部分を拡大
b0339987_15090661.jpg

レゴランドジャパンのイメージと「ホーンテッドハウス 10228」を比較してみました。よく似てますね。
海外の「Ghost – The Haunted House –」を見るともっと大きい形になってますので、
イメージ通りに作られないかもしれません。
b0339987_17351590.jpg

「Ghost – The Haunted House –」はデンマークのビルンに最初にできました。
2014年に完成した新しいアトラクションです。
下の写真はビルンの「Ghost – The Haunted House –」をレゴで作ったもの。
アトラクションとしては、
まず幽霊屋敷の中を歩いて回り、ミラー迷路を通って、最後に装置に乗り込んで落下するというもの。
b0339987_22422023.jpg
このレゴモデルを使っての説明動画


こちらは建設中の「Ghost – The Haunted House –」の写真
取り付けているのは、8~10mの落下塔。

b0339987_00202397.jpg

完成した「Ghost – The Haunted House –」
b0339987_00451735.jpg

中はこんな感じ、140以上のユニークなレゴモデルがあるそうです。
b0339987_00553270.jpg

こちらはCM映像
中にはミラー迷路があります。その先にはクレイジー実験を行う狂気の科学者がいます。
最後は
狂った教授の浮上に乗って落下します。
b0339987_01241399.jpg
Ghost - the Haunted House (Directors cut)


こちらはオープン時の様子だと思います。


さてレゴランドジャパンの「Ghost – The Haunted House –」ですが、いくつか疑問点があります。
これについては次回の記事で書こうかと思います。

[PR]
by legongo758 | 2014-10-10 22:00 | レゴランド | Comments(0)

PIRATE LAND(その2)

「PIRATE LAND」について調べていたら、
海外のサイトに、フロリダで計画されていたらしい「PIRATE LAND」の図面を見つけました。
前回の記事にも書きましたが、フロリダのはレジェンド オブ チーマというレゴブロックシリーズをテーマにした
「The Quest for CHI」に変更になったみたいです。
図面下の方にはお店も描かれています。「Pirate Games」も確認できます。
図面左上のアトラクションは「Captain Cra・・・」と書かれているので、
カルフォルニアにある「Captain Cranky's Challenge」と同じだと思います。
図面右のアトラクションは「Splash Battle」です。
この2つのアトラクションは前回の記事で紹介したものです。
「Splash Battle」の左端にはドクロと大きめの船も確認できます。
ドクロには「LEGO SKULL」と書かれています。レゴで作った大きなドクロはビルンにもあります
ドクロと大きな船の間には「Interactive Play」と書かれています。
この大きめの船に乗り込んで、動く船に乗っているお客さんと水の打ち合いができるんだと思います。
他にも遊具がありそう。
図面左に丸いスペースがありますが、ここはパイレーツの水遊びゾーンだと思います。
ビルンだと「Pirate Water Falls」、カルフォルニアだと「Soak-N-Sail」がそれにあたります。
レゴランドジャパンの配置図には、そのようなスペースは見られないので、作られないと思います。

b0339987_02115355.jpg
下の図はレゴランドジャパンの「PIRATE LAND」です。
なんか似てるなぁ・・・と思いませんか?
b0339987_00170844.jpg
というわけで角度を合わせてみました(大きさは合わせていません)
やっぱり似てますね。
ドクロや大きな船の配置も同じです。
という事は「Interactive Play」の所も作られるかもしれませんね。
b0339987_02022021.jpg

パイレーツをイメージした水遊びゾーン
(レゴランドジャパンには作られないかも)
b0339987_02481702.jpg
b0339987_18221948.jpg



[PR]
by legongo758 | 2014-10-09 22:00 | レゴランド | Comments(0)

PIRATE LAND

レゴランドにはパイレーツ(海賊)をテーマにしたエリアがあります。
レゴブロックでも「南海の勇者シリーズ」がありますね。
海外のレゴランドによっては「PIRATE LAND」と名づけている所もあります。
レゴランドジャパンではどうなるのか分かりませんが、便宜上この名前を使いました。

左側が上からみた図、右がイメージ画像、赤線で囲んであるのが「PIRATE LAND」の場所です。
(※左図の色分け、赤=アトラクション、青=遊具、黄=レゴ展示館、だいだい=シアター、
  オレンジ=飲食、ピンク=商業、紫=ゲーム、茶=便所、灰=管理・サービス部門)
b0339987_00145691.jpg

「PIRATE LAND」の部分を拡大
(※左図の色分け、赤=アトラクション、オレンジ=飲食、ピンク=商業、紫=ゲーム、茶=便所)
1)エリアの入場門が2箇所あります。エリア分けはされてる感じです。
2)左図だと飲食、便所が別々ですが、右図だと一つの建物になっています。
  もうちょっと海賊のイメージの建物にした方がいいですね。たぶん暫定のイメージだと思いますが。
  商業の建物はいい感じです。ゲームの建物もそれっぽくなるといいですね。
4)水場のアトラクションが、このエリアのメインとなる「Pirate Splash Battle」です。
  乗り降りや、行列は左の建物内で行うと思います。
5)右側にもバイキングのような乗り物があります。
b0339987_00170844.jpg

【Pirate Splash Battle】
このエリアのメインとなるアトラクションです。
海外のレゴランドでは、ビルン(デンマーク)、カリフォルニア(アメリカ)、ドイツ、フロリダ(アメリカ)に同様の
アトラクションがあります。
フロリダも最初は海賊モノの予定だったようですが、レジェンド オブ チーマというレゴブロックシリーズを
テーマにした「The Quest for CHI」に変更になったみたいです。
船に乗って施設内をくねくね移動します。手元にあるハンドルを回転させると放水できます。
船同士で水をかけ合ったり、場外にも放水ハンドルがあって外のお客さんとも、水をかけ合います。
b0339987_18225774.jpg


濡れるアトラクションの近くでは、ボディドライヤーが設置されます。
b0339987_23583284.jpg

【Pirate Wave Breaker】
「Pirate Splash Battle」とセットで設置されているアトラクションです。
「Pirate Wave Breaker」とか「Captain Cranky's Challenge」とか「Pirate School」とか呼び名はまちまちです。
バイキングのような動きをしながら回転動作もします。
b0339987_18225001.jpg

レゴランドジャパンのイメージにも、それっぽいのが描かれています。
b0339987_21514783.jpg

【ショップ】
隣接するショップでは海賊関連のグッズが売られています。
下の写真はビルンにある「Pirate Beach Shop」です。
剣や帽子の他に雨ガッパなども売られているのが確認できます。
b0339987_23584379.jpg
レゴランドジャパンのイメージに描かれているショップです。建物は凝っている感じ。
b0339987_21514102.jpg

【飲食店】
隣接する飲食店です、こちらも海賊のイメージの建物になっています。
下の写真は全てビルンにある店舗です。1軒の中に2店入ってる建物もあります。
b0339987_23585327.jpg
トイレも統一されたイメージです。
b0339987_23585871.jpg
レゴランドジャパンのイメージでは、ここが飲食&トイレのようです。
実物はもっと凝ったものになると思いますが・・・。
b0339987_20461696.jpg

【ゲーム】
ゲームコーナーです。お祭り屋台にあるような、ボールを的に向けて投げるゲームなどが多いようです。
下の写真はビルンの「Pirate Games」です。
b0339987_23590301.jpg
レゴランドジャパンのイメージでは、ここがゲームコーナーのようです。
b0339987_02250927.jpg

海外のレゴランドでは他にも、ボートに乗ってアトラクション内を回るアトラクション、急流下り、パイレーツショー等が
あります。また他の機会に書き込もうかと思います。


[PR]
by legongo758 | 2014-10-08 22:00 | レゴランド | Comments(0)

DUPLO PLAYTOWN

レゴランドには「DUPLO LAND」とか「DUPLO VALLEY」というように
DUPLOの名が付くエリアがあります。
DUPLO(デュプロ)とは、1才半から5才を対象としたレゴブロック。
小さな手にも扱いやすい大きなサイズのブロックで、幼い子供たちが間違って飲み込まないように
通常のLEGOより2倍大きく作られています。
そんなDUPLOのエリアなので、小さな子供向けのエリアです。

左側が上からみた図、右がイメージ画像、赤線で囲んであるのが「DUPLO PLAYTOWN」の場所です。
(※左図の色分け、赤=アトラクション、青=遊具、黄=レゴ展示館、だいだい=シアター、
  オレンジ=飲食、ピンク=商業、紫=ゲーム、茶=便所、灰=管理・サービス部門)
b0339987_21034011.jpg

「DUPLO PLAYTOWN」の部分を拡大
(※左図の色分け、赤=アトラクション、青=遊具、灰=管理・サービス部門)
1)右図では、白いテントの下に、レールとカラフルな列車のようなものが描かれています。
  左図では、その部分は、赤線でひょうたんのような形が描かれています。
  赤=アトラクションですので、これは「DUPLO EXPRESS」という低年齢用の乗り物だと思います。
2)テント前の四角い建物は、管理・サービスの建物です。
  海外ではDUPLOのゾーンの近くに「BABY CARE CENTER」という幼児向けのサービス施設ががあるので、
  それかもしれません。(自信なし)
3)右図では、テント前に丸い花壇のようなものが描かれています。
  左図では、青=遊具になっていますが、何かはわかりませんでした。
4)右図のイメージでは建物に隠れて描かれていませんが、
  左図にある、雲のような形の青部分も、何かはわかりませんでした。
  似たような形の水遊びの遊具が海外にはありますので、それかもしれません。
b0339987_21034113.jpg

マレーシアのレゴランドにある「DUPLO PLAYTOWN」です。白いテント屋根があります。
レゴランドジャパンも、こんな感じになるんですかね。
b0339987_17353936.jpg

こちらもマレーシアのレゴランドにある「DUPLO PLAYTOWN」内の「DUPLO EXPRESS」です。
b0339987_17354026.jpg

カリフォルニアのレゴランドにある「WATER WORKS」水遊びのエリアです。
青く塗られた地面の中に数箇所ある白丸の所から水が吹き上がるようです。
b0339987_01022488.jpg

[PR]
by legongo758 | 2014-10-06 22:00 | レゴランド | Comments(0)

商業施設

レゴランドの方は、ある程度具体的になってきていますが、隣接する商業施設については、
今まで具体的な情報が出てきませんでした。
なにか情報がでてきそうなニュースがありました。

2014年10月02日
レゴランドジャパン/大林組で準備工進む/マーリン社
http://www.kensetsunews.com/?p=38708

>当初日本でのレゴランド整備を委託されていたGCDSジャパンが
>金城ふ頭駐車場とレゴランドの間の5.3haなどを対象とした施設開発を予定している。
>着工時期などは未定だが、レゴランド開園と同時期の供用開始を見込んでいる。
>14日には、名古屋商工会議所で「金城ふ頭開発計画(モノづくり文化交流拠点構想)説明会」を開催する。
>市住宅都市局から金城ふ頭開発概要の解説をするほか、GCDSジャパンが金城ふ頭に整備する施設の概要と
>今後の予定などについて説明する。

■金城ふ頭開発計画(モノづくり文化交流拠点構想)説明会


GCDSジャパンは以下の内容について説明するようです。


モノづくりをテーマにした新しい商業的交流空間の提案(GCDSジャパン)
・RD&E施設の概要
・施設イメージ(ターゲット戦略とゾーニングイメージなど)
・今後の予定等


下図でみると
①のレゴランド、④のレゴランドホテルはマーリン社が主体となって建設・運営
⑤の商業施設、⑦のホテルはGCDS社が主体となって建設・運営を進める見込み
b0339987_08034030.jpg

都市消防委員会の会議録にGCDS社と商業施設に関して、

・商業施設を計画、検討しようとしている場所が、レゴランドと駅との間であり、国際展示場と駅との間でも
 ありということで、このエリアの交流といいますか、たまりをつくっていく場所になりますので、そういう機能
 にふさわしい、ただ買うだけのものではなくて、楽しんで商業施設自身を目的として行けるような、
 そういった商業施設になるようにということで検討されているというふうに伺っています。

・商業施設につきましては、レゴランドに隣接をするという立地特性がその成立性を決めてくる。
・レゴランドに左右される部分が非常に大きい。
・レゴランドの動向を見きわめなければ、なかなか進出について最終判断ができないということが課題。
・レゴランドと並行して調整、いろいろなパートナーの選定や資金調達等、調整は進めてきておられて、
 既に具体的な候補者が特定されて、どういう形でという詰めの作業に入っているというふうに伺っております。
・レゴランドが決まれば、それに合わせて商業施設等については確実に決まっていく状況ができていると
 いうふうに伺っております。

と書かれていました。
レゴランドが具体的になってきているので、
商業施設に関しても動きがありそうな気がします。
14日の説明会で、どんな情報が出てくるか気になります。

[PR]
by legongo758 | 2014-10-05 22:00 | レゴランド | Comments(0)

歩行者用デッキ

下記の記事に、新たに建設する予定の、歩行者用デッキの大きさと長さが記載されていました。

名古屋市住宅都市局/金城ふ頭歩行者用デッキ詳細設計/玉野総合コンサルに(2014年9月01日)
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/201409010906

記事に書かれている場所は、下の図で見ると①と②のところです。

①は、あおなみ線金城ふ頭駅と商業施設を結ぶ駅デッキ(延長約45メートル、幅員4・25メートル)
②は、立体駐車場から金城中央緑地に至る駐車場デッキ(延長約50メートル、幅員9・5メートル)
③は、あおなみ線の開業とともに設置された歩道橋
他にも国際展示場新第1展示館と交流センターまでをつなぐデッキの計画もあるようです。
b0339987_14295544.jpg


下の写真、③の歩道橋は、あおなみ線の開業とともに設置されました。
新たに作られる①のデッキも、これと同様の大きさになると思います。
b0339987_14295253.jpg

新たに設置予定の②のデッキ平面図
右側の黄色い部分は、駐車場と商業施設(ファニチャードーム)を別棟として扱う場合を想定して、
歩行者用デッキの長さを10mとしているようです。
幅は4.25mなので①部分と同じです。
歩行者動線計図を見ると【・・・デッキ(民間)】と書かれている部分があります。
①のデッキと②のデッキをこのデッキで結べば、駅から金城ふ頭中央緑地(商業施設予定地)まで、
地上に降りずに行けるようになります。
駐車場利用者だけでなく、駅利用者も通る為、②のデッキ幅が9.5mと①のデッキ幅4.25mの倍になっています。
b0339987_14295828.jpg
名古屋市金城ふ頭駐車場(仮称)整備事業 入札説明書等の補足説明(その3)より

【・・・デッキ(民間)】の部分の
商業施設とデッキがどのような形と関係にになるのかは分かりませんが、
公共施設とデッキの例なら、名古屋市東区のカルポート東があります。
ナゴヤドームに向かうときに通るので、知ってる人も多いと思います。
b0339987_19150099.jpg
カルポート東


[PR]
by legongo758 | 2014-10-04 22:30 | レゴランド | Comments(0)

金城ふ頭駐車場(仮称)整備事業、落札者は竹中工務店に決定

名古屋市金城ふ頭駐車場(仮称)整備事業について、5グループから入札参加がありました。
落札者は竹中工務店に決まりました。
審査講評については、後日公表予定だそうです。

詳細はこちらを参照下さい。(※PDF)
http://www.nup.or.jp/data/file/pdf/outline/kinjo/20140922/result.pdf?20140922

【落札者】
代表企業:株式会社竹中工務店
構成員:名鉄協商株式会社
協力企業:日本管財株式会社、三菱プレシジョン株式会社

【落札金額】
14,300,000,000円
(設計及び建設に係る費用。消費税及び地方消費税を含まない。)

【落札者の提案概要】
(1)建築概要
駐車台数:5,003台
構造・規模:鉄骨造6階建・耐火(6層7段)
延べ面積:143,877.88m2
高さ:22.70m

(2)提案の特徴
概要:「ParkingPark 駐車場の基本性能と付加価値を兼ね備えた環境創造型パーキング」
車両処理:
・入出庫を立体的に分離(2階に入庫用集中ゲート、1階に出庫用集中ゲートを設置)
・直線のダイレクトスロープ採用
歩行者動線:
・歩行者は南北方向の専用移動空間(エコボイド)に集約
・3階デッキ接続階の南側に歩行者専用空間(ゲートウェイ)を配置

「駐車場の基本性能と付加価値を兼ね備えた環境創造型パーキング」というのが気になりますが、
使いやすい駐車場になることを期待しましょう。

名古屋市金城ふ頭駐車場(仮称)整備提案競技に関するお知らせ
http://www.nup.or.jp/outline/local/kinjo/news.html
上記のサイトの中の

6 入札説明書等の公表
名古屋市金城ふ頭駐車場(仮称)整備事業 業務要求水準書 資料(※PDF)
http://www.nup.or.jp/data/file/pdf/outline/kinjo/20140428/gyoumu_suizyun_shiryou.pdf?20140428
このPDF資料にルートや入出庫の例が記載されています。
[PR]
by legongo758 | 2014-10-04 22:00 | レゴランド | Comments(0)

金城ふ頭 関連ニュース

最近のニュースをまとめ

■2014年6月30日

三井住友銀行、名古屋市に建設予定の「レゴランド」プロジェクトファイナンス

http://news.mynavi.jp/news/2014/07/02/391/

名古屋市におけるテーマパーク「レゴランド」へのプロジェクトファイナンス組成について
http://www.smbc.co.jp/news/html/j200873/j200873_01.html
http://www.smbc.co.jp/news/pdf/j20140630_01.pdf

■2014年9月01日
名古屋市住宅都市局/金城ふ頭歩行者用デッキ詳細設計/玉野総合コンサルに
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/201409010906

■2014年9月12日
第1・第2展示館周辺工事の概要と今後の駐車場運用について
http://portmesse.com/news/20140912_1963.html

■2014年9月22日
名古屋市金城ふ頭駐車場(仮称)整備事業に関する提案競技の結果公表について
http://www.city.nagoya.jp/jutakutoshi/page/0000063167.html

名古屋市金城ふ頭駐車場(仮称)整備提案競技に関するお知らせ
http://www.nup.or.jp/outline/local/kinjo/news.html

落札者の決定について公表しました。
http://www.nup.or.jp/data/file/pdf/outline/kinjo/20140922/result.pdf?20140922

2014年10月02日
レゴランドジャパン/大林組で準備工進む/マーリン社
http://www.kensetsunews.com/?p=38708

金城ふ頭開発計画(モノづくり文化交流拠点構想)説明会

http://www.nagoya-cci.or.jp/event/eventdisp.php?event_id=1409120001

[PR]
by legongo758 | 2014-10-03 22:00 | レゴランド | Comments(0)