レゴランドジャパンを追いかけるブログ

lljngomke.exblog.jp

名古屋市金城ふ頭駐車場(仮称)整備事業

金城ふ頭には、約5000台収容の大型立体駐車場の計画があります。
建設は竹中工務店が行うことになりました。
単独の立体駐車場で5000台というのは、ちょっと聞いたことが無いので調べてみると、
首都圏の空港やテーマパークでも2000台~3000台クラスの立体駐車場が複数というパターンが多く
ひょっとしたら単独の立体駐車場としては5000台は日本最大規模ではないかと思います。
私が他に知らないだけかもしれませんが・・・どなたか知っていたら教えて下さい。

(1)建築概要
駐車台数:5,003台
構造・規模:鉄骨造6階建・耐火(6層7段)
延べ面積:143,877.88m2
高さ:22.70m

(2)提案の特徴
概要:「ParkingPark 駐車場の基本性能と付加価値を兼ね備えた環境創造型パーキング」
車両処理:
・入出庫を立体的に分離(2階に入庫用集中ゲート、1階に出庫用集中ゲートを設置)
・直線のダイレクトスロープ採用
歩行者動線:
・歩行者は南北方向の専用移動空間(エコボイド)に集約
・3階デッキ接続階の南側に歩行者専用空間(ゲートウェイ)を配置


件名:名古屋市金城ふ頭駐車場(仮称)整備事業
地名地番:愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-7-2
主要用途:駐車場
工事種別:新築
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
階数(地上):6
延床面積(m2):143,961.71
建築面積(m2):26,561.24
敷地面積(m2):30,521.17
建築主:公益財団法人名古屋まちづくり公社
設計者:株式会社竹中工務店名古屋一級建築士事務所
施工者:株式会社竹中工務店名古屋支店
着工:2015/12/01
完成:2017/02/28

立体駐車場ができるのは⑧の場所です。
レゴランドに5000台も必要か?と思われるかもしれませんが、
この立体駐車場はレゴランド専用ではありません。
②③ポートメッセなごや、⑭リニア鉄道館、①レゴランド、⑤商業施設(メーカーズピア)などの
モノづくり文化交流エリア全体で使う駐車場です。
⑨のファニチャードームや⑬の結婚式場は敷地内に専用駐車場があります。
b0339987_02213223.jpg

2015年11月21日の様子です。(あおなみ線、金城ふ頭駅のホームから撮影)
写真左の建物は、新築移転した『ファニチャードーム本店』です。
2015年7月17日にオープンしました。
この建物の裏にあった『旧ファニチャードーム名古屋新本店』は建物が解体され、整地作業が行われています。
着工は12月1日を予定しているようなので、もうすぐ始まりそうですね。
b0339987_21371071.jpg
アップ
b0339987_21371467.jpg
立体駐車場イメージ
b0339987_06375050.jpg

こちらは上の地図で⑩の場所の、駅前駐車場(1800台)です。
2015年11月21日の様子です。
この日は名古屋モーターショーがあったので、ご覧のように満車でした。
ポートメッセ3号館の南にも立体駐車場(1000台)がありますが、こちらも満車で、
北に2kmほど離れた所にある空見駐車場(1500台)から無料シャトルバスを運行していました。
混雑が予想されるイベントが開催されるときに空見駐車場が使用されます。
5000台収容の立体駐車場が完成すると⑩の駅前駐車場は閉鎖され、
老朽化したポートメッセ1号館の替わりに、新1号館がこの場所に建設される予定です。
新1号館が完成すると、今の1号館は解体され、レゴランドの拡張工事にはいります。
立体駐車場が完成すると空見駐車場も使用されなくなりますが、
2017年のレゴランド開業年は、モーターショー開催日などと重なると5000台でも足りなくなる恐れがあるので、
落ち着くまでは使用されるかもしれません。
立体駐車場に入るための渋滞が予想されているため、交差点改良も計画されています。
これにつきましてもいずれ記事にしたいと思います。
b0339987_03094700.jpg



[PR]
by legongo758 | 2015-11-25 22:30 | 金城ふ頭 | Comments(0)